工場ブログトップへ

ホーム Home

執筆者の紹介

コメコメ
サイタマ工場 社員です。工場で行っていること・日々の出来事など紹介していきます。店頭販売・見学も、お待ちしています!
エジラー
関東工場の社員です。 環境にもカラダにも良い情報を当工場から発信できたら、と思います。 よろしくお願いします!
avator
factory
工場長です。 見学を担当しています。

秩父農工科学高等学校の皆さん

本日のお客様は、秩父農工科学高等学校 食品科学科 42名 + 先生 2名 の皆さんでした。男女ともに品のいい制服がよく似合っていて、礼儀正しい挨拶が印象的な気持ちのいい生徒さんたちです。

今回は、今まで見学をお受けした中で、一番人数の多い団体(小学生以外)です。さすがに、いつものように、机を並べて椅子に座ってもらうというスタイルでは、工場の狭い会議室には入りきれません。そうかといって、小学生のように椅子なしで床に座ってもらうわけにもいかなかったので、椅子だけを44脚並べ、そこに座っていただきました。

さすがに伝統校の生徒さんたちです。みなさん、まじめな態度で真剣にこちらのお話を聞いてくださいました。途中、リアクションがあまりなかったので、「説明が面白くなかったのかな」と心配しましたが、見学後に書いていただいた「工場見学アンケート」には、「わかりやすかった。興味がわいた。勉強になった・・・」など、ポジティブな意見ばかりが書いてあったので、安心しました。

いよいよ、工場見学です。まず、入場する準備をします。工場に入る前にネット帽をかぶるのですが、年頃の女の子には、抵抗があるようです。かぶってみるとみんなかわいいのにね。

今回は、人数が多かったので説明も2班に分けて案内いたしました。

入荷口では、玄米をフレコンから取り出すところを見ることが出来ました。中には玄米が1t以上入っていると説明すると驚いていました。

お米の品質検査を見学です。

精米機のところでは、搗きたてのお米と肌糠を見てもらいました。

搗きたてのお米は、さわってみるとほんのり温かです。搗きたてのお米をさわることなど、日常の生活の中ではめったにないことなので、新鮮な感覚だったのではないですか?

選別室では、カラー選穀機で選別されたお米を見てもらいました。カラー選穀機がなかった頃は、この色のついたお米は選別できなかったので、みんな食べていたはずですよと説明するとみんな微妙な表情でした。毒ではないけど、変色したお米を好んで食べたいとは思わないよね。

今回、進路学習行事として職場の体験学習にトーヨーライスセンター関東工場を選んでいただいて、ありがとうございました。他にも、数社、当日のうちに見学のハシゴをされていたようですが、ハードな1日になったことでしょうね。いっぱい知識を詰め込んでパンパンになってしまったみんなの頭の中に無洗米や金芽米の記憶が少しでも残っていたならば、お家の方や知合いの方にも是非お話してください。今日は、お疲れ様でした。

カテゴリー: 見学後記 | コメントは受け付けていません。

大和小学校 5年生の皆さん

今日も寒い朝でしたが、元気いっぱいの子供たちが見学に来てくれました。

本日のお客様は、中野区 大和小学校 5年生46名の皆さんです。先週は、同じ中野区の上高田小学校5年生の皆さんが見学に来てくださいましたが、今日も同じ中野区の小学生たちです。中野区でトーヨーライスセンターは人気なのでしょうか?

早速、見学開始です。金芽米の試食を用意したので、まず、無洗米の炊飯の方法を説明しました。「ご飯を炊いたことがあるか?」と質問をしたところ、1/4くらいの生徒さんが手を上げていました。今の小学生は、案外、家で料理をしているのかもしれませんね。他に「無洗米を使用しているか?」の質問をしたところまったく反応がなかったです。ちょっと、がっかりしました。

炊飯米をセットして、精米と無洗米の説明を一通り終了した後、2班に分かれて工場内の見学を開始しました。外にでて、まず、トランシーバーの説明です。

工場内で音のうるさいところでも説明が聞こえるようにトランシーバーで聞いてもらいます。

最初の見学場所は、原料を入れるところです。1組の生徒さんは、運よく大きな袋(フレコン)から玄米を取り出すところを見ることが出来ました。

次は、紙の袋に入った玄米を入れる場所です。

いつもは、いろいろなものが入らないようにフタがしてあります。

入口を見た後は、発電機のパネルの説明を聞き、品質検査室を見学です。想像以上にたくさんの検査をしてから、みんなのところにお米が届けられていることが伝わったかな?

この後、手をアルコールで消毒して、エアーシャワー室を通ります。冷たい風が出てくる部屋で体をくるくると回転させながら体のほこりを落とします。寒かったけれど、みんななぜか楽しそうでした。

精米機のところでは、搗きたてのお米と肌糠を見てもらいました。肌糠が固まりになったところを見た時は、みんな驚いた様子でした。

エレベーターで2階に移動。玄米を入れておく大きなタンクと糠が透明なパイプの中を飛んでいるところを見た後、無洗米加工室を見学しました。

また、1階に下りてきて、選別室の説明です。ここでは、色のついたお米やガラス、石、磁石にくっつかない金属などを米の中から取り除きます。

きれいになったお米は、袋に入れて製品になります。袋に入れる機械をパッカーといいます。

パッカーから次々に製品が出てきます。

工場内の見学が終了したら、お楽しみの金芽米試食タイムです。

今回も大好評でした。当然、おかわりの行列も出来ました。ちょっと、多めに炊いておいたのでよかったです。

大和小学校の5年生たちは、元気で好奇心旺盛な子供たちでした。上高田小学校のお友達もそうでしたが、中野区の子供たちは素直で礼儀正しいですね。

でも、一番びっくりしたのは、今日のような寒い日に半袖半ズボンの先生がいたことです。大和小学校で一番元気なのは、その先生かもしれませんね!

カテゴリー: 見学後記 | コメントは受け付けていません。

東京ガス エコ・クッキングの皆さん

今日のお客様は、東京ガスのエコ・クッキングの皆さんです。

ダンディーな事務局長以下インストラクターの皆さんが6名、総勢7名で見学に来てくださいました。

スタッフの皆さんは、美女ぞろいです。皆さんを目の前にして説明する時、何時になく緊張してしまいました。まだまだ、修行が足りませんね。でも、こんなに素敵なインストラクターの方たちに料理を教えてもらえるなんて幸せですよね。

今日は、通常の見学メニュー以外に2つ別プログラムを実施しました。

1.「お米は搗きたてがおいしいのか?」 

・同じ 産年 産地 品種の原料を用意します。そのお米を昨年6月に精米したものと、当日、お客様の目の前で精米したお米の2つを用意します。それを同時に炊飯して、どちらがおいしいか?を食べ比べる実験です。果たして、搗きたてのお米はおいしいのでしょうか?

2.「魔法の水と浸漬」

・黒いお皿(カルトン)を2つ用意します。両方にお米を適量いれて、片方には水道水を入れ、もう片方には魔法の水を入れます。30分後、お米はどのように変化しているでしょうか?

両方の実験とも面白い結果になります。ここで、種明かしをすると面白くないので、見学にいらっしゃった方のうち、希望者にお教えいたします。本日のお客様も以上の実験結果を見て、驚かれたようです。

さすがに今日のお客様は「食」を仕事にしているだけあって、見学中にいろいろな質問がありました。「炊飯する時の水は何を使ったらいいのか?」とか、「もち米は蒸して食べるけど、普通のお米を蒸したらどうなるの?」などなど・・・

いろいろとお米について学んだ後は、川越の町に歴史について学びに行かれたようです。

カテゴリー: 見学後記 | コメントは受け付けていません。

JA管理職ご一行様

本日のお客様は、群馬県からお越しのJA管理職ご一行様です。雪が降ったので、時間通りに到着されるかどうか心配でしたが、無事、時間通り、8:50頃到着。

早速、見学をしていただきましたが、所要時間が1時間とのことで、あわただしく工場の説明を開始しました。お客様は、JAの方だったので、精米の方法などの説明は省きまして、BG無洗米の加工方法に集中してお話をいたしました。

見学終了後、無洗米と普通米を並べて実際に比較してもらいました。両方の米を見て触ると「ぜんぜん違う」と驚いた様子でした。

その後、お客様の一人から、『コイン精米機で無洗米加工をしたが、糠が取れなかった。今日の説明を聞いて どうして「無洗米に出来ます」と書いてあるコイン精米機で糠が取れなかったのか よくわかった。』という話をいただきました。

工場見学で少しでも無洗米のことを知っていただけて、本当によかったです。

【工場見学アンケート 紹介】

・たいへんよく、いろいろくふうされた工場でした。

・わかりやすい説明で、パンフレットもコンパクトにまとめてあった。

・清潔でした。(米をあつかうところにはないクリーン感がある)

・今度是非購入してみたいです。

カテゴリー: 見学後記 | コメントは受け付けていません。

雪景色の工場

今日は、雪が降りました。出社した時、工場はすっかり雪景色です。道路には溶けかけた雪が朝方の冷え込みで凍り、行き交う車に轢かれて「バリバリ」と音をたてていました。雪国の光景ですね。

その後、ものすごく天気がよくなって、積もった雪も午前中にはなくなりました。

カテゴリー: 日々雑感 | コメントは受け付けていません。
ページの先頭へ