工場ブログトップへ

ホーム Home » 見学後記 » 中新田スクエア 新(あらた)

執筆者の紹介

コメコメ
サイタマ工場 社員です。工場で行っていること・日々の出来事など紹介していきます。店頭販売・見学も、お待ちしています!
エジラー
関東工場の社員です。 環境にもカラダにも良い情報を当工場から発信できたら、と思います。 よろしくお願いします!
avator
factory
工場長です。 見学を担当しています。

中新田スクエア 新(あらた)

毎日、寒い日が続いています。埼玉は東京と比較すると5度くらい低いような気がします。去年、買ったばかりの愛車には、外気温表示がついているのですが、本日、出社時の気温は-5℃を表示していました。「冬だから」とはいえ、最近の寒さはちょっと強烈ですね。

さて、本日のお客様は、狭山市から来てくださいました。中新田スクエアの新(あらた)という施設の方たち総勢15名の皆さんです。精米工場を見るのは、初めてだということで、全員、興味津々の様子です。

工場の簡単な説明をした後、早速、場内の見学です。入荷場では、たくさんのお米が並んでいたので驚いていました。ラッキーなことに、ちょうど、フレコンから玄米を投入するところを見ることが出来ました。大きな袋から大量の玄米が出てくるところは、日常で見ることが出来ませんからね。

原料入荷の後は、発電(太陽光&コ・ジェネ)を見てもらいました。「精米工場で発電?」 なんか、不思議そうでした。案外、精米工場はハイテクなんですよ。

それから、品質検査室を見た後、手をアルコールで消毒して、エアシャワー室を通り体をきれいにして、精米室に入場。精米室は大きな音がして、玄米が「あっ」という間に白いお米になる機械(精米機)を見てもらいました。音が大きくて私の声もあまり聞こえなかったんじゃないかな?

2Fでは、バカでかい玄米タンク室と白米タンク室を通って、無洗米加工室へ。無洗米加工室内を見るために見学用窓の前に立って一生懸命中を覗き込んでもらったけど、窓ガラスが真っ白で何にも見えません。全員が窓の前にそろった時に、秘密のスイッチを押すとあら不思議。真っ白だったガラス窓が、透明になって無洗米加工機がはっきりと見えるようになりました。お約束ですが、みんな驚きのリアクションをとってくれるので、私としてもやりがいがあります。

選別室では、カラー選穀機で選別した茶色いお米を見せて、「これ、食べたい人いますか?」と質問したら、ほとんどの人が、「食いたくない」という反応でしたが、約1名だけ「食いたい」という方がいました。あんまり、おいしくないと思いますよ!

きれいになったお米が袋詰めにされて、機械から次々に出てきます。見ていると、なんとなく楽しくて、ずっと見とれてしまいますよね。

場内見学から戻ると「金芽米」が炊き上がっていました。初めて食べる金芽米。「おいしい」と評判は上々です。

毎日食べている 「米」って、どっから来るの?どうやって、つくっているの?  知っているようで、あまり知らない。空気のように身近すぎて、気にしたことがない。

そんな日本人が本当に多い今日この頃です。是非、ここにきて米のことをほんのちょっと、本気で見つめてみませんか?

明日から、別な世界が見えてくるかもしれません。少なくとも、新(あらた)の皆さんは、今日の見学で、「金芽米はおいしい」 と覚えてくれたと思いますよ。

 

コメントは受け付けていません。

ページの先頭へ